温かく
    - 2017/12/23(Sat) -
    寒いね。

    風が強くて、窓から見えるゴミ処理場の煙突から出る煙が、
    ま横にどんどん流れてる。

    処理場の横には 火葬場があるんだよ。

    どじを焼いた煙は 静かに 
    空に向かって上がっていった

    と 思う。
    風のない暖かな日だったから。

    処理場の煙を見る度思い出す。


    今日死刑執行があったでしょう。
    1992年の事件だったそうだけど
    申し訳ないことにどんな事件だったか覚えていない。
    当時は体調が悪く、ニュースはほとんど見ていなかった。

    25年後の執行で
    その間にその死刑囚は
    考え方を少しは変えることが出来たのだろうか?

    それにしても25年
    遺族にとっては大変長い月日だったと思う。
    私だって20年。
    あっという間に過ぎたようでも 
    落ち着きを取り戻すまでに必要だったその20年の月日は
    決して短くはない。決して。

    子供がもうこんな齢で 早いね 
    としをとるはずだね 笑
    と言う
    大きな出来事もなく過ごしてきた人達とは違う月日を重ねてきて
    思う。

    20年辛かった 悲しかった 苦しかった
    他の人と決して同じじゃなかった。

    でも普通の顔をして
    早いね と 笑い合う。

    それも仕方のないことだと思う。

    それぞれの時は違うから
    自分と似ている人も
    そうでない幸せな人もいるのは 当たり前。

    だけどどんな人も穏やかな気持ちで 
    この1年 無事に過ごせたことを感謝しながら 
    過ごせたら良いなと思う。

    寒い毎日
    風邪ひかないように 温かくね。



    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |