開かずの引き出し
    - 2018/05/22(Tue) -
    どじの全ての服のリメイクが終わってから、手をつけようと思っていた。

    ようやく収納ケースの引き出し1個分になったところ。
    先日もバッグをひとつ縫い終わったところ。
    はぎれが多くなってきて、何を縫うか、なかなか決められない。

    思いつくのはもう一つの、開かずの引き出しの中のものを別の形にすること。
    そこで、久しぶりに押し入れにしまい込んでいたその引き出しを開けた。

    何年ぶりだろう。

    そこに入っているのは、亡くなる1ヵ月前頃から始めていた、空手の道着。
    体操服と水泳パンツ、水泳帽、ゴーグル。
    それから、
    事故時に着ていた服 
    下着のシャツを除いて全て。
    タイヤの跡もまだ残っている
    病院でもハサミを入れられ 引き裂かれてしまった服。

    事故数ヵ月後に泣きながら洗った。
    お湯の色がピンクに染まった。
    どじの血や 脳髄がついていたであろう服。
    後で 洗わなければよかったと思った。
    ずっとそのまま置いておけばよかった。

    お湯で流しただけだったので
    数年前に引き出しを開けた時でも
    まだ においが残っていた。
    悲しいにおいだった。

    だけど今日 開けた時には
    もう においは感じなかった。
    20年の時は 確実に流れていた。

    この服を使って 普段使うものを作ろうと思う。
    一緒に また出掛けよう。
    事故の時の服なんてと 思った時もあったけど
    最後まで身を包んでくれていた
    大切な 大切な服なのだから。

    もう一度洗って お日様にあてて乾かして
    新しい形となって
    新しい思い出をつくっていこう。

    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | ▲ top
    | メイン |