なんちゅうこっちゃ
    - 2005/10/04(Tue) -
    ずっと会いたかった人に偶然出会うことができました。

    おっちゃんです。

    私がおっちゃんと言うのは失礼なので、I さんと呼びます。
    くすのきのHPを作ったときに真っ先に知らせたかった人は何人かいますが、
    I さんも勿論そのなかに入っています。

    でもなかなか伝えることができなかった。
    家に行くこともできず、
    電話もかけることもできず、
    手紙を書こうかどうしようか と考えながらも
    やっぱり何もできずに日は過ぎていく。

    I さんがいくらどじを可愛がってくれたからと言って、
    私と同じ場所に立ってはおられないのです。

    自分の重さを押し付けるようなことはしてはいけないと思っていたから、
    積極的に知らせることができなかった。
    他人では一番どじに近い人でしたから。

    と、空に低く垂れ下がった厚い雲のような気持ちを持ち続けていたのに、
    2年振りに会った途端にその思いはすっかり飛び、
    「会えた!!」 という喜びしかない。
    I さんの気持ちを考える余裕も飛びました。

    なんちゅうこっちゃ~。

    どじ、笑ってるだろうなぁ。


    2005/10/04(火) 18:13:54
    この記事のURL | どじの話と 不思議な話 | CM(0) | ▲ top
    <<金木犀の咲く頃  Rくんへ | メイン | 古都の駅 >>
    コメント

    コメントの投稿















    管理者にだけ表示を許可する


    ▲ top
    | メイン |